博多メイはりきゅう院
電話予約OK 駐車場あり
福岡市博多区博多駅前1-18-15
エトワール博多204号
受付時間 10時~22時
休診:日曜日(祝祭日は営業)
博多駅前の鍼灸院・博多メイはりきゅう院 << 武道 その7

武道 その7

世界柔道やってます。

白熱した高度な技の応酬は見てて楽しいです。
柔道は嘉納治五郎先生のご尽力を基に、スポーツとして世界的に大きく発展した日本の代表的な武道です。

技は投げて一本、押さえ込みで一本。
でも何故押さえ込んで「勝ち」なのでしょうか?

「武道 その6」でご紹介した堀辺正史氏が著書に書かれていました。
なるほど、と思いました。

柔道は色々な柔術を編纂統合して完成されています。
沖縄唐手のように、武器を持てない一般庶民の護身の技として発展したものもあるでしょうし、又武士の徒手格闘術として伝えられたものもあるでしょう。

戦国時代等の合戦時に、強固な鎧兜を身に着けていると、お互いに簡単には致命傷を受けません。したがって最後は組み打ちとなり、押さえ込んで鎧の隙間から、脇差や鎧通しを突き刺すことになります。したがって押さえ込んだら「勝ち」とされた、とのことです。

柔道恐るべし!

先祖

お盆が終わりましたが、来月はお彼岸があります。
この間は1か月ちょっとと短いので、ご先祖様たちも落ち着きませんね。

ご先祖が殿様だったりすると「世が世なら、今頃私は・・」などと人生がうまく行かない時は、言いたくなりますよね。

私は数学は得意ではありませんが、先祖の人数を数えてみました。
親が2人、祖父母が4人、曽祖父母が8人、その親が16人、ここで思考停止になります。

つまりその曽祖父母の親まで足すと、私一人の生産に直接関わった人間が30人いる訳です。

2の4乗が16、10代遡ると、2の10乗で約千人、それに1代前から9代を足すと約2千人、1代を25年で再生産すると考えれば、10代前は250年前つまり江戸時代中期までの直接のご先祖が2千人いる計算になります。

それでは20代遡れば、2の20乗つまり百万人、それに19代以下を足せば2百万人。
30代遡れば、2の30乗つまり10億人、それに29代以下を足せば20億人。
40代遡れば、2の40乗つまり1兆人、それに39代以下を足せば2兆人。
それ以上は単位が無くなります。それに兄弟姉妹を足したら、もう気が遠くなります。
計算合ってますかね?

40代前と言えば約千年前、平安時代以降だけでも私の直接の先祖は2兆人いる訳です。近親結婚してるから、実際はこんな膨大な人数にはなりませんが、これなら私でさえも、「世が世なら・・」のご先祖様が必ず一人はいますよね。そしてみんなどこかで繋がっています。

私たちは大樹の一葉、大海の波しぶきに過ぎません。しかし元は同じ。
そうでありながら「俺がオレが・・」と小さなコップの中で争う私たちの器の小ささに、情けなくなります

デジカメ

デジカメをネットで買いました。
テレビもそうですが、性能はますます良くなっているのに、どんどん安くなりますね。

○士フィルム製、1600万画素で6千円。何故かこのメーカーのカメラ買ってしまいます。
日本には他にも世界で抜きん出たメーカーが数多あるにもかかわらず、です。
オーソドックスなデザインで、手頃な価格だけど、プリントするときれいに写っているんです。

早速家内に撮ってもらいました。
「目つぶりしてる顔を検出しました」と表示されます。何度撮ってもです。
「あんた目つぶらんでよ!」「開けとるよ!」
「目つぶり検出」機能が付いています。

こういう顔なんですよ!
たしかこのメーカーは以前「美しい人はより美しく、そうでない人はそれなりに」というCM流してましたよね。それなりに撮って欲しいんですが・・

これからもっとより良い機能を搭載して行くのでしょう。
「切れ長の目」認識機能もお願いします。

美容鍼灸 その7

アンケートNO.7 (オリジナルは弊院の壁に貼っています)

(施術日) 平成23年8月12、18日 (性別)女 (年齢)38歳

Q1 今日はどの部位の施術を希望されましたか?
リフトアップ、目の周り、ほうれい線、あごのライン

Q2 施術後に効果を実感されましたか?
5段階評価の最高ランク5

Q3 また施術を受けたいですか?
続けてみたい

Q4 もし次回来られるなら、どの部位の施術を希望されますか?
あごのライン、目の周り、ほうれい線

Q5 その他感想がございましたら?
あごのラインがスッキリし、眉山が上がる、フェイスラインがシャープになる

Q6 あとで効果とその持続時間を教えて頂けますか?
1週間は持ちます

(院長補足説明)
これまでNO.1から6までのアンケートを書いて頂いた方々も効果があるとのことで、全員施術を継続されています。

色々な個人的感想を伺っています。
・施術の翌朝の肌ツヤやハリ、化粧ノリが違う。
・目がプリクラ風になる(?!)
・顔色が良くなった。色白になった。
・施術を続けていると上がり癖(フェイスアップ)が付く。
・初回ほどの効果は出なくなった。
・何の効果も無い(お一人おられました)。等々

小職も施術していて、あごのラインがはっきりするのと、ほうれい線が薄くなるのは度々視認できます。
しかし個人個人で非常に効果が出る時とそうでない時があり、持続時間にもバラツキがあります。
何故そうなるのかは、今のところ解りません。

耳つぼダイエットも着実に成果が出ています。近日中にアンケートをアップする予定です。

T字帯

今年の春あたりから、下着は「ふんどし」を着用しています。いわゆる「越中ふんどし」です。
明治生まれの祖父たちがしていた記憶がありますが、大正生まれの父親たちがしていたのはあまり見たことはありません。

患者さんの80歳代のおじいさんが愛用されているのに、影響を受けました。
その方はブリーフやトランクス等は一度も穿いたことは無いそうです。
そして全てご自分で作るそうです。つまり一反(約10.7m)の晒しを買って来て手縫いをされます。だいたい10枚できるそうです。

デパートでも売っているようですが、高いそうです。ただ自分で縫うのも面倒だし・・
そういえば過去2回全身麻酔の手術を受けたことがありますが、下着は「ふんどし」に着替えさせられました。入院費の明細に「T字帯」と書いてありましたね。

ドラッグストアに売っていました。ピップ株式会社「T字帯」368円、完璧な「越中ふんどし」です。ネーミングいいですね、バンド名でもイケます。○槻ケンヂさんや○置浩二さんもビックリ。「手術や出産前後に」と書いてあります。男女兼用で御座ひます。

家の中でこれだけでウロウロしてると家長としての威厳は全く無くなります。あれば、の話ですが・・
しかし涼しいですね。装着感が全くありません。これはハマリますよ。海で泳いでいて鮫に遭遇した時は、長く伸ばせば襲われないらしいです。サメよりヒトの目が怖いです。

原爆

35年くらい前、私が新入社員だった頃、海外から商品を仕入れた際にルーティンの業務として、ロット毎に品質の良し悪しを生産者に伝えていました。ある時予想以上の高品質の商品が入荷しました。感激した私は「今回はすごく良いですよ!」と伝えたところ、上司から「あまり褒めると、必要以上に良過ぎたんだと思い、次から品質落としてくるよ」と注意されました。日本人なら褒められたらもっと良いものを作ろうと思うけどな?とその時は納得できませんでした。後ですぐ分かりましたが・・

亡くなった母親に、この時期になると時々聞いていた話ですが、
昭和20年8月9日朝 私の母親は北九州小倉の中心街 井筒屋デパートに買物に来ていたそうです。終戦直前のその時期に売っているものがあったのでしょうか?突然空襲警報が鳴り防空壕に駆け込みましたが、B-29の銀色の機体が見えたそうです。

広島に続く2回目の原爆投下の第一目標は、小倉でした。しかし当日は曇りで、あるいは八幡製鉄の煙もあったかも知れませんが、視界不良でそのまま長崎に飛んで行きました。小倉に投下していれば、当然私は存在していません。

世界でただ一つの原爆被爆国である日本は、原爆の悲惨さについて語り続ける義務があります。
日本人ならそんなひどい兵器は持ってはいけないと思うはずです。
しかし悲惨さを言えば言う程、そんなえげつない兵器なら、是非我が国も持たねば、と考える国が大半なのでは?とも思います。特に仲の悪い国が持っている場合は。

ある日一斉に、世界中から核兵器が無くなる魔法は無いのでしょうか?

スポーツルール その2

なでしこジャパン これまで味わったことのない程の感動でした。

しかしサッカーファン、野球ファンの方々には申し訳ありませんが、
私は普段サッカーの試合は見ません。サッカーほどではありませんが、野球もそれほど見ません。患者さんとの会話で「どこのチームのファンですか?」と聞かれると、ここは福岡なので「一応ソフトバンクです」と当たり障りのない返事を心掛けています。
この後営業に響きそうです。

子供の頃から運動神経が良くなかったので、基本的な身体能力を問われる陸上競技や体操競技はもちろんですが、中学高校のクラスマッチ(懐かしい!)での球技つまりソフトボール、サッカー、バレーボール、バスケットボール等でレギュラーになったことなど一度もありません。このトラウマでしょうか?

しかし野球のルールの絶妙さにはいつも感心しています。特に塁間距離、バッテリー間の距離にはどうしてこんなにピッタリに決めたのかと驚きます。

サッカーは苦手ですね。本当に好きな人は、勝敗より戦術、プロセスや個人技に惹かれるのは、良く分かりますが・・

低得点なのが、ダメなんですよ!そういうスポーツなんでしょうが、1点が重過ぎます。
Jリーグの試合結果を見ても、1-0、2-1、1-1とか。0-0の試合を見てしまった時なんかは「オレの90分返してくれ」と思います。「それなら最初からPKで決めてくれんかな?」とも。いつ点が入るか分からないので、歳のせいで近くなっているのに途中トイレにも行けません。また点が入りにくいので、番狂わせが多くなります。

サッカーは野球と違いボール1個あれば遊べます。したがってアフリカや南米などの開発途上国でも盛んです。しかし観客はいつもストレスが溜まります。いつ暴動に発展してもおかしくありません。そうなった方が良い国も多いのですが、為政者はドキドキしているのではないでしょうか?

関係ないですが、多民族国家のアメリカチームにしては、アフリカ系アジア系の選手はほとんど見かけませんでしたね。

そこで私なりのルール改正の提案があります。だれも見向きもしないでしょうが・・
ゴールポストの幅を2倍(必ずしも2倍ということではなく、1.2倍でも1.5倍でも)にするのです。高さはそのままで良いと思います。
強いチームのゴールキーパーもこれまでより活発に動かねばならないので退屈しませんし、テレビにも多く映ります。

そうすれば、野球並みの5-0、8-2,10-3、12-4とかの点差になり、実力が素直に現れると思いますが、いかがでしょうか?

でもこのルールだと、なでしこはアメリカに勝てたかどうか?・・ウーン困った!

ついでに点が入り過ぎるバスケットボールのゴールポストの高さを2倍にするのも、いかがでしょう? ダンクシュートは無くなりますが・・

日本人はルールを変えるのはあまり好きではなさそうです。憲法もそうです。
アビスパファン、ソフトバンクファンの患者さんが、これまで通り来られることを祈っています。

スポーツルール その1

人は何故あんなにもスポーツに感動するのでしょうか?
天才的な才能、地道な努力、捲土重来、劇的な勝利、そして敗北さえも。

スポーツは厳格で競技者全員に平等なルールがあってこそ成立します。
数年前のサッカーのU-17の国際試合で、どこの国でしたか、子供が3人はいて毎晩晩酌してそうなオッサンが出場してましたね。いかんでしょう!

「武道」シリーズでお話して来ましたが、私の言う「武道」は「護身」ですので、そこにはルールつまり、場所、時間、人数、道具、逃げることも、準備体操も、「正々堂々」とか「卑怯」という概念もありません。後から道徳と法律は追いかけて来ますが・・

数日前まで世界水泳やってました。日本は金メダルは獲れなかったけど感動しました。
ルールを変えたので、水着の開発競争は収まってましたね。
それから今回はアフリカ系の選手は見かけなかったですね。

私の知り合いのオバチャンですが、水泳が好きな方がおられます。
「泳ぎ方は何が得意なんですか?」「自由形よ」「ああクロールですか?」「いいや自由形たい」「クロールですよね」「うんにゃ自由形って言いよろうが・・」埒が開きません。

どの形で泳ごうが自由なので「自由形」ですが、結局選手は一番速いクロールで泳いでいる訳です。オバチャンは自由形=クロールと信じて疑わないようです。

でもメドレーリレーや個人メドレーでは、自由形は背泳、平泳ぎ、バタフライ以外の泳法で泳がないといけないらしいです。「イヌカキ」で泳ぎますか?クロールしかないでしょう。自由じゃないじゃないですか!

しかし最近スポーツでしか感動しなくなってる私たちは、これでいいのでしょうか?!

中国 その6

「中国」シリーズは今回の新幹線事故で極まった感があるので、一休みしようかと思いましたが、もう一つだけお話したくなりました。

近年中国の衛生問題については、ダンボール餃子や地溝油(下水やドブを掬って精製した食用油、ヒ素の100倍の毒素と言われるアフラトキシン等有害物質がたっぷり入っている)が話題になりましたので、私たちは少々のことでは驚きません。

「中国その123」でお話した頃、その通訳ではなく別の中国人の部下と、やはりその経済特区に出張した時のことです。彼は父親が中国で最も有名な大学の教授をしている、いわゆるエリートでした。

その空港の入管で、彼と係官が揉め始めました。
中国を4か月以上離れた中国人は帰国する際、血液検査を受けなければならない、とのことです。ちょうど世界中でエイズの流行が始まった頃でした。つまり清潔な中国本土には海外の病原菌は入れない、との政策です。彼が言うには、海外に簡単には行けない役人たちの嫌がらせ、だそうです。

彼が強く抗議する理由がすぐ分かりました。
採血する注射器に前の人の血液が残っていました。

私は彼に入国せず、このまま日本に帰国するように言いましたが、彼は受け入れません。この出張は彼がいないと厄介なことになること、中国と日本を行き来できなければ日本の会社での彼の存在意義がなくなること、がその理由でした。

彼は血液検査を受け入国しましたが、幸いにもその後彼の健康上に問題は起きませんでした。私はその時強制的に彼を帰国させなかった自分が今でも情けなくなります。

話は飛びます。
今NHKで大河ドラマ「坂の上の雲」が何回かに分けて放送されています。司馬遼太郎の膨大な数の小説の中でも、私の大好きなものの一つです。その中に書かれていますが、

日露戦争の日本海会戦を前にして連合艦隊司令長官東郷平八郎は、全艦船を洗浄することと、全兵に体を清め新しい軍服に着替えるよう命じます。

戦闘が始まれば艦内は、すぐに血と火薬と油と燃料の石炭まみれになります。
大半の兵は古武士然とした東郷が、幼い頃薩摩の同じ町内で西郷隆盛や大久保利通たちの中で育ったことを知っていましたので、いくさの前の心構えとして命じたのだろうと思っていたようです。

しかしその意味は戦いの後はっきりしました。負傷した日本とロシア両軍の兵の予後が違うのです。抗生物質など無かった時代です。いくさの前に清潔にしなかったロシア兵の生存率が良くなかったのは言うまでもありません。

しかし原発の問題を見ていると、他の国の事など言っている状況ではないですね。